• ホーム
  • 成人病の胃腸炎には新鮮なジュースが最適

成人病の胃腸炎には新鮮なジュースが最適

タバコを吸う男性

成人病は体にマイナスになる生活習慣によって起こるものです。
現在は生活習慣病と呼ばれることもあります。
胃腸炎の原因はいくつかありますが、特に長年の暴飲暴食がこの病気のきっかけになることが多いです。
元気で食欲があったら、どんな人でもつい食べ過ぎてしまいます。
食べ過ぎる回数が少なかったら、胃腸炎になることもないのですが、毎日のように食べ過ぎていたら、必ず胃を傷めてしまいます。

胃が悪くなると、胃酸が増えることが多いです。
胃酸の増加がひどくなると、胸焼けやむかつきが起こりやすくなって、食欲が低下します。
食事の量が多少減るのは、胃のためにプラスになるのですが、ほとんど食べないと胃腸炎が悪化するだけではなく、体全体の調子が悪くなります。
このような状態の時は、胃に負担をかけない食べ物や飲み物を取り続けることが必要になります。

野菜や果物は体の健康に必要なものですが、胃が弱っているときに取ると逆効果になる場合があります。
例えば食物繊維が多い野菜は消化されにくいので、胃に対する負担が大きくなります。

胃が悪いときは、野菜や果物でジュースを作って、それを飲むようにしましょう。
ジューサーに野菜や果物をかけて柔らかくしておけば、胃の中で消化がスムーズになります。
食物繊維の多い野菜でも、摂取しやすくなるのは大きなメリットです。
一つだけ注意しなければならないことは、ジュースを甘くし過ぎないことです。

甘いものは胃の負担になります。
甘いものが胃の中に入ると、胃酸が増加しています。
胃酸が増えると、胸焼けなどの不快な症状が出てきます。
野菜のジュースは飲みにくい場合もありますが、シロップなどはできるだけ入れないようにしましょう。
バナナなどの果物の自然な甘みで味を調えるようにしましょう。